染の安坊ホーム > ブログ > 2012年

手ぬぐいの和風エコバックをお使いですか?[ 2012年10月25日 ]

みなさんはあずま袋をお使いでしょうか。

この手ぬぐいを縫い合わせた袋は、江戸時代から庶民に使われていたものらしいですね。

手ぬぐいあずま袋

ちょっとしたお出かけに便利な和風エコバック「あずま袋」

続きを読む

敬老の日のオススメ手ぬぐい その2[ 2012年8月28日 ]

前回に引き続き、今回も敬老の日にオススメの縁起柄をご紹介します。

敬老の日のオススメ手ぬぐい

今回は縁起柄の中でも、これからシーズンを迎える銀杏と菊のお話です。

続きを読む

敬老の日のオススメ手ぬぐい その1[ 2012年8月24日 ]

来月、9月17日(月)は敬老の日ですね。

おじいちゃんやおばあちゃんに、今年はどんな贈り物をしようか悩んでいる方もいらっしゃると思います。

敬老の日のオススメ手ぬぐい

今回は敬老の日にオススメする縁起柄手ぬぐいのお話です。

続きを読む

手ぬぐいの風合いについて考える その2[ 2012年8月16日 ]

前回は手ぬぐいの風合いと生地についてのお話でしたが、今回は染料についてのお話です。

手ぬぐい「秋桜」

手ぬぐいの風合いには、染料が大きく関わっています。

続きを読む

手ぬぐいの風合いについて考える その1[ 2012年8月 9日 ]

みなさんは手ぬぐいのどこがお気に入りですか?

私はなんといっても柔らかく優しい風合い(ふうあい)です。

手ぬぐい「秋桜」

風合いとはウィキペディアにて「織物や紙などの手触りや肌ざわり、着心地など、人がものに触れた時に感じる材質感のこと」と説明されています。

続きを読む

浅草 新にゃかバースデーと安坊の猫たち[ 2012年7月25日 ]

明後日、7月27日金曜日に『浅草 新にゃかバースデー』が開催されます。

浅草新仲見世通

浅草新仲見世商店街のキャラクター「浅草 新にゃか」。
口ぐせは「みんな、にゃかよく」。

続きを読む

三越の伝統についての考察[ 2012年6月30日 ]

日本の職人「匠の技」展

6月26日から日本橋の三越本店で行われている『日本の職人「匠の技」展』に出展しています。

続きを読む

金魚[ 2012年6月20日 ]

ぷり太郎

安坊の看板息子「ぷり太郎」。

続きを読む

朝顔[ 2012年6月14日 ]

手ぬぐい「朝顔」扇子

古来より日本人に愛されている花、「朝顔」。

続きを読む

鳩とオリーブ[ 2012年6月 6日 ]

鳩とオリーブ

古来より「平和の象徴」とされてきた鳩とオリーブ。

手ぬぐい「鳩とオリーブ」

続きを読む

梅雨[ 2012年6月 1日 ]

6月になりましたね。

今年も梅雨の季節がやってきました。

ジメジメ、ムシムシと、考えるだけでうっとうしいですね。

ただ、四季折々で味わいがあるところが日本のいいところ。
安坊の手ぬぐいと一緒に梅雨を楽しんでみてはいかがでしょう。

蛙のかくれんぼ

手ぬぐい「蛙のかくれんぼ黄緑」1
手ぬぐい「蛙のかくれんぼ黄緑」2

蛙のかくれんぼ
黄緑

  • 寸法
    ・・・長:約100cm×幅:約35cm

  • 素材
    ・・・綿100%(特岡)
  • 染色
    ・・・手捺染

続きを読む

釣りしのぶ[ 2012年5月28日 ]

5月26日(土)、27日(日)は「お富士さんの植木市」でした。

浅草浅間神社周辺は涼しげな植木に彩られていました。

お富士さんの植木市

続きを読む

紫陽花柄[ 2012年5月24日 ]

これから見頃を迎える紫陽花。

みなさんは「紫陽花」を感じで書いたことはありますか?

文字の雰囲気がよいので、見ているだけではあまり感じませんが、
実際に書いてみると思う「なんでこれでアジサイ?」

鎌倉店の紫陽花

続きを読む

キッチンを彩る野菜手ぬぐい3種[ 2012年5月21日 ]

おはぐろそらまめ

今が旬のそらまめ。

手ぬぐい「おはぐろそらまめ」1 手ぬぐい「おはぐろそらまめ」2

おはぐろそらまめ

  • 寸法 ・・・ 長:約100cm×幅:約35cm
  • 素材 ・・・ 綿100%(特岡)
  • 染色 ・・・ 手捺染

黒っぽい筋のところは「おはぐろ」と呼ばれています。

そう見ると、みんな「ほほほ」と笑っているようですね。

続きを読む

鉄線(てっせん)[ 2012年5月17日 ]

鉄線(てっせん)

手ぬぐい「鉄線」1 手ぬぐい「鉄線」2

鉄線(てっせん)

  • 寸法 ・・・ 長:約100cm×幅:約35cm
  • 素材 ・・・ 綿100%(特岡)
  • 染色 ・・・ 手捺染

4月の下旬から、美しい大輪の花を咲かせる「鉄線」。

続きを読む