染の安坊ホーム > ブログ > お知らせ > 三越の伝統についての考察

三越の伝統についての考察[ 2012年6月30日 ]

日本の職人「匠の技」展

6月26日から日本橋の三越本店で行われている『日本の職人「匠の技」展』に出展しています。

銀座線「三越前」

日本橋の三越本店。普段あまり気にしないのですが、駅名の「三越前」ってすごいですね。

東京メトロにある143駅の中で、○○前という駅名がどれだけあるかご存知ですか?

「外苑前」「国会議事堂前」「新宿御苑前」「水天宮前」「東大前」「二重橋前」「明治神宮前」と「三越前」の8つです。

公的な名称の中、三越もその一つとして並んでいます。

この駅名からも歴史と伝統を感じますね。

三越の染の安坊

今回の『日本の職人「匠の技」展』には、歴史と伝統、そして本場の本物にこだわったお店が出展しており、その中に安坊も仲間入りさせていただいています。

三越本店7階会場

  • 【会場】
    • 日本橋三越本店 本館・新館7階  ※安坊は本館に出展しています
  • 【期間】
    • 平成24年6月26日(火)~7月3日(火)
  • 【営業時間】
    • 6月26日(火)~6月30日(土) 10時~19時
    • 7月1日(日)~7月3日(火) 10時~20時

催事会場

期間中、本館1階の中央ホールで、『2012 手拭いコレクションと夏の風物詩』が開催されています。

安坊の手ぬぐいは出展していないのですが、こちらも味わい深く、情緒豊かな手ぬぐいが数多く展示してあります。

手拭いコレクションと夏の風物詩

これから夏に向けて手ぬぐいが活躍するシーズン。

日本橋三越本店でお気に入りの柄を見つけてみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る