浅草 歳の市

 

【浅草 歳の市】

本日17日~19日まで
浅草寺境内にて『歳の市』もとい『羽子板市』が
開催されております。

DulazprUYAAXic1 Dula0vVU0AA9xBp

多くのお店さんには伝統的な飾り羽子板や
今年話題になった人物モチーフになっている
変わり飾り羽子板などが所狭しと並んでいる様は
見ているだけでも楽しいですよ♪

Dula13BUcAA1sKk Dula3HBUYAU_DRF

DulcYNlU8AAqEdl DulcWvYV4AE2iei

年末にお正月用品や縁起物などを売り買いする市として
お正月準備の始まる時期に『歳の市』が開かれ、
また、お歳暮としてその年に生まれたお子さんへの贈り物として破魔矢や羽子板を贈る習慣があった事から
いつしか『歳の市』と『羽子板市』は融合し
浅草では馴染みのイベントとして定着しました。

飾り羽子板が盛んになってきたのは江戸時代、
当時人気の歌舞伎役者の舞台姿が模された羽子板は
江戸の女性の間では大人気となり、
その伝統技術は今もなお、受け継がれております。

羽根の先にある黒い珠は
「無患子(むくろじ)」という大木の種で
その名前から「子供が患わない」という事から
お子さんの無常息災の願いが込められているので、
羽根のみを連ねた商品をございます。

DulcZVRU0AE9SwE

染の安坊には『娘羽子板』柄の手ぬぐいもございますので
ご出産祝いにもピッタリです♪

DulcVzkV4AEG_FZ

クリスマスや忘年会、お正月準備などで忙しい時期ではございますが、お買い物忘れがあった際は浅草へ、
染の安坊ではお年賀用ギフトやお飾りなどもご用意して
お待ちしております!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket