染の安坊ホーム » 半纏・法被 » オーダーメイド料金・価格について

オーダーメイド料金・価格について

染の安坊では、半纏を1着1着染め上げ、仕立てます。

オーダーメイド品ですので、色数や柄、枚数によって料金・価格が決まります。

オーダーメイド料金・価格の目安

料金・価格についてご不明な点がございましたら、下記内容をお読みの上、お問い合わせください。

よくご注文いただくオーダーメイド半纏の料金・価格の目安

用途 祭半纏、神輿半纏
生地 丸紡24貫(小巾生地)
染色方法 捺染
色数 1色(背中白抜)
サイズ Lサイズ(身丈 100cm、身巾 64cm)
背紋 お客様のご指定(白抜)
腰柄
枚数と単価 10枚(1枚あたり税抜20,200円~)
30枚(1枚あたり税抜17,800円~)
よくご注文いただくオーダーメイド半纏

生地による料金・価格の違いについて

よくご利用いただく生地は小巾生地の丸紡24貫です。

節(ふし)が特徴の綾紬(あやつむぎ)は1枚あたり1,500円増、涼しげな綿呂(めんろ)は1枚あたり2,000円増など、生地により金額が増減します。

広巾で丸紡24貫と似たような肌触りの舞布(まいふ)をお選びいただくと、小巾生地の半纏よりもお安く作ることができます。

丸紡24貫
丸紡24貫(まるぼう24かん)
綾紬
綾紬(あやつむぎ)
綿絽
綿絽(めんろ)
舞布
舞布(まいふ)

色数による料金・価格の違いついて

色数が増えると1枚あたりの料金・価格が上がります。

例)背紋に地色と違う色が1色入る場合・・・10枚製作で1枚あたり800円増

白は生地の色となりますので、色数には含まれません。

1色の半纏例(白は色数に含まれません)

2色の半纏例

サイズによる料金・価格の違いついて

一般的な男性の標準サイズ(Lサイズ)で身丈は100cmとなります。

M、L、LLサイズの違いや、子供用のサイズは、背紋の型が同じであれば金額の増減はございませんが、型が変わると、それぞれの枚数での料金・価格になります。

柄による料金・価格の違いついて

オリジナルの背紋で、Adobe Illustratorのデータがある場合は、トレース料金がかからずお安くなります。

腰柄をお入れする場合、定番柄以外は版下代として1万~2万円増しとなります。

総柄など、複雑な柄や模様は別途お見積もりとさせていただきます。

定番以外の腰柄
定番以外の腰柄
総柄
総柄
複雑な柄
複雑な柄
(データのない牡丹文字など)

型代について

お見積もりの中に型代は含まれております。ただし型の保存はできません。

注文ごとに作成する型

型はご注文ごとに作成します。

お客様の大切な「紋」を扱うため、職人は神経を集中させます。

型の使い分け

半纏の種類やサイズにより、型の枠を使い分けています。

保管場所に限りがあるため、型の保管はできません。

型の作成

使用する型の数は、色数と同じです。