生地の選び方

手ぬぐいの生地

手ぬぐいの生地には、「特岡」と「総理(文)」の二種類が使われます。

特岡(とくおか)
総理(そうり) / 文(ぶん)
見た目
特岡生地の手ぬぐい
総理生地の手ぬぐい
素材
綿 100%
綿 100%
糸の太さ

30番手

20番手

(長さ 1m の重さ 19.7mg)

20番手

20番手

(長さ 1m の重さ 29.5mg)

糸の密度

特岡生地密度

(幅 1cmの間に糸が24本)

総理生地密度

(幅 1cmの間に糸が17本)

生地幅
35cm
34cm
主な染め方
手捺染
注染
特徴
  • 浴衣にも使われる高級晒(さらし)生地
  • きめが細かく、なめらかな肌触り
  • 糸の密度が濃いため、手捺染のような繊細なデザインが映える
  • 安坊の既成手ぬぐいは特岡でできている
  • 総理、または文と呼ばれる
  • 吸水性に優れており、多くの注染手ぬぐいで使われている
  • 特岡に比べると糸が太く、ざっくりとした肌触りだが、その分使い込むほど手や体になじむ

糸の太さ

糸の○○番手は、数字が大きくなるほど細くなります。

1番手は1ポンド(453.6g)で840ヤード(768.1m)、2番手は1ポンドでその倍(1680ヤード)の長さです。

特岡の糸「30番手」と総理の糸「20番手」の1mの重さは、それぞれ「30番手=19.7mg」、「20番手=29.5mg」です。

この太さの違いが、特岡と総理の肌触りの違いになります。