染の安坊ホーム » 暖簾 » 生地・染色方法・色について

生地・染色方法・色について

生地について

暖簾にオススメの生地をご用意しております。

お客様のこだわりや用途によって、オススメの生地をご提案いたします。ご相談ください。

舞布(まいふ)

一般的な暖簾にオススメの生地です。少し厚手でザックリとした肌触りです。

11号帆布(はんぷ)

厚手の生地で、暖簾のほかにも日除け暖簾にも人気です。

シャークスキン

鮫肌のような織り目が特徴の、柔らかい風合いの生地です。

オックスフォード

シャークスキンに似た風合いの広幅生地で、日除け暖簾に使われます。

スラブ

所々に太い糸の節が入っている、趣のある生地です。

20シャンタン

横方向に太い糸が一直線に入っている生地で、軽く涼しげな風合いです。

インドクロス

織り目が太い生成りの綿生地で、麻のような風合いです。

麻(生平)

独特の風合いが人気の本麻生地です。

その他、豊富に生地をご用意しております。ご希望の生地がございましたらご相談ください。

染色方法について

染の安坊の暖簾は、主に「引染(ひきぞめ)」という職人が一点一点手で染める方法で染色しています。

お客様の大切な屋号や商号、家紋が入る暖簾だからこそ、職人が一枚一枚真心を込めて染め上げます。

引染
職人が一枚一枚手で染めます
引染
生地の裏までしっかりと色を染み込ませます

納期やご予算の条件があるお客様へは、分散昇華染(片面、両面)の対応も可能です。ご相談ください。

色について

染める色は、102種類の色見本からお選びいただけます。

色見本以外にも、DICや全染研カラーからもご指定いただけます。

102種類の色見本からお好みの色をお選びいただけます 【 色見本はこちら
DICなどからもご指定いただけます